令和2年度公立高校合格率92%達成!!

3月18日に令和2年度の公立高校の合格発表がありました。

2月の模試の結果はA判定の生徒10%、B判定の生徒20%、C判定の生徒30%、D判定の生徒40%と非常に厳しい予想だったのですが、見事92%の生徒さんが合格を勝ち取ることができました。今年は8月と比べて、成績が上がったので志望校を上げた生徒さんも多く、生徒さんのプレッシャーも大きい様子でした。それでもあきらめずについてきてくれた結果だと思います。

また、理科の予想授業もかなり当ったので、合格点に達していない生徒さんの後押しになったようです。

入試の10日前に雲のでき方、1週間前に天体の星の日周運動、5日前に化学の酸化と還元、4日前に化学の中和とかなり似た問題を学習しました。

社会では資料の読み取りの記述演習や、入試5日前に日本の雨温図の復習をしてズバリ出ました!

他塾から移籍が多かった今年、移籍後に成績を上げた生徒さんも多くいました。

いろいろな入試情報や、入試傾向の分析が生徒さんのやる気を上げるきっかけになっていると思います。

ただ、やはり今年も不合格者を出してしまったことが残念に思っています。来年こそは全員の笑顔がみられるように講師一同努力致します。